日本性差医学・医療学会

English

沿革

日本性差医学医療学会 沿革:国内外の性差医学・医療の歴史と共に

1957年米国の女性ジャーナリスト・バーバラ・シィーマンが授乳中に服用した薬剤が児へ影響した経験から「女性の健康を守る運動」を開始
1960-70年代サリドマイド, DES薬害:妊婦の服用薬から出生児への薬害相次ぐ
1977年米国FDA:妊娠可能性がある女性の薬剤治験参加禁止を通達
1985年米国NIHで女性特有の病態の研究始まる
1991年NIHによる大規模疫学プロジェクト(WHI)開始
1994年FDA: 薬剤の治験で半数に女性を含むことを推奨する通達
1995年FDA内にOWH(Office on Women’s Health)が創設
1999年米国国立科学アカデミー(NAS)によりInstitute of Medicine(IOM)内に
性差と決定因子の生物学的知見を現状評価・考察する委員会が設置
1990年代日本で性差医学に関する勉強会立ち上がる
1999年日本心臓病学会で天野惠子先生が性差医学・医療の概念を広く紹介
2001年鹿児島大学附属病院に日本初「女性専用外来」誕生
米国 IOMから医学研究における性差への配慮に関して14の提言
2002年日本性差医療・医学研究会(代表世話人天野惠子医師:千葉県衛生研究所長)発足し、第1回学術会議(東京)を開催
性差医療情報ネットワーク設立(理事長:天野惠子医師)
2006年第1回 国際性差学会(ベルリン)開催
2008年日本性差医療・医学研究会から発展継承する形で、日本性差医学・医療学会へ
日本性差医学・医療学会初代理事長に鄭忠和教授(鹿児島大学第一内科)が就任
2012年日本性差医学・医療学会第2代理事長に下川宏明教授(東北大学循環器内科)が就任
2017年第8回 国際性差学会 IGM Congress 2017 日本開催(仙台/大会長下川宏明理事長)
2019年第9回 国際性差学会(ウィーン)で日本企画シンポジウム開催
2021年認定制度発足に向けたクラウドファンディング実施
日本性差医学・医療学会 性差医学・医療認定制度開始
2022年日本性差医学・医療学会第3代理事長に秋下雅弘教授(東京大学大学院 加齢医学)が就任